SSGの小さな実装を読む

potato4d/dodai という小さな SSG 実装がある。詳しい話は本人のブログとかでいつか出そうな気もする。

https://github.com/potato4d/dodai

中身は ReactDOMServer.renderToStaticMarkup などを用いて React コンポーネントを HTML 文字列化し、src/pages 配下を dist/ へコピー、拡張子を .html にして吐き出すだけのシンプルなものになっている。Promise.all で各ページを逐次処理するため、例えばそれぞれのページに必要な分の TailwindCSS ユーティリティクラスのみをインラインスタイルに埋め込むなどの処理も容易に実装できるだろう(後述のije/htmlがやっている)。

HotReload の実装もあり、./src 配下を chokidor で監視して変更があればページリロードをするだけのこれもまたシンプルな実装。開発時と本番時でビルドに持ちいるコードは同じものになっていて、常に ./dist には Production Ready なコードが置かれるようになっている。

基本的にはそれだけだが、CLI の作り方や util:promisify の使い所など Node 系ツールとしての基本的な実装例みたいなコードで参考になる部分も多かった。

続いて ije/html も読んだ。こちらは tsx で書かれたテンプレートを Preact.renderToString で html にし、html/text なレスポンスとして返すライブラリになっている。deno 製で、実行ファイルを直接指定して起動する。

https://github.com/ije/html

tsx を renderToString する点は dodai と同じで、吐き出した文字列を html にするかレスポンスにするかの違い。また組み込みで UnoCSS に対応しており、テンプレート上のユーティリティクラスから css を生成してインラインへ埋め込む処理がある。UnoCSS は TailwindCSS 互換のあるライブラリで、js からプロセッサーやパーサーを扱うことができる。

こちらは HotReload のような仕組みはないが、さらにコードベースが小さいものになっている。

感想

静的サイトジェネレーターを呼ぶと複雑なものに聞こえるが、要件によってはこれだけで済んでしまうというのが勉強できた。答えはいつでも API という形でそばにあった。

まず前提として、マークアップは tsx で行うのがベターだろうという考え方がある。テンプレートを最大限型サポートしようとするとどうしても TS の世界に入る必要があり、特に準備もなく環境が整っている tsx が使いたいというのはとてもわかる。また、SFC ではないためテンプレートの変数化ができ、これは TailwindCSS のようなユーティリティファーストなライブラリと相性が良い(SFCに比べて)。

じゃあ Next とか、それこそ流行りの Astro とかでいいじゃないかとなるかもしれないが、必要な要件のみを洗い出した場合、 tsx が使えて html になって静的ホスティングできれば良い で済む場合が結構ある。 加えて、tsx を用いているならば meta よりのデータを json で管理しておけば十分みたいな要件も何もしなくてもクリアできる。コンテンツ自体は markdown で書いて適当に文字列に変換して dangerouslySetInnerHTML すれば良い。

Next によって API が隠蔽され忘れられているかもしれないが、もはや hydration が完全に不要な場合 XXX.renderToString のような API が生えている tsx をサポートした何かで俺たち十分だった、という話かもしれない。非アプリケーションならこれほど簡単で依存が少なく解体しやすい手法は他にあまりないようにも思える(しらんだけ)。

まあこういう話をすると先祖返りだなんだと言われそうだが、みんな好きなの使えばええ。