メインへジャンプ

ushironoko.me

メトロイドドレッドと鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚をクリアした

2021/10/18 ⏳ 2 min read

2021-10-18 日報。

メトロイドドレッド

メトロイドドレッドをクリアしました。クリア時間は9時間ちょっと。

クリアタイム

メトロイドヴァニアとしてはホロウナイト以来で、人生の中でもほとんどやってこなかったジャンルだけあって新鮮で楽しめました。

また基本アクションが完成されていてメトロイドってすごいんだなーと思いました。進めるたびにできることが増えていき、どんどん強くなるサムスを体験できて気持ちよかったです。

ストーリーもある程度予習しておいたお陰で結構楽しめました。19年振りの新作とはいえしっかり続編になっており、ファンにとってはさまざまな演出や明かされる設定が楽しめたんだろうなと思いました(特にスーパーやフュージョンをやっていた人は)。

クリアタイムによってもらえるリワードも変わるそうですが、そこまでやり込むかは悩ましいです(他のゲームもやりたい)。ただやりこんでも良いなと思うくらいには戦闘が楽しかったです。

1周目は難易度normalで、それでもE.M.M.I以外の要素でまあまあ死にました。ラスボスは10回目くらいで倒せたことも考えると、難易度を上げるとかなりやりごたえがありそうです。

カタログチケットで買えて実質5000円なこともあり、コスパ的にも十分満足でした。

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

もう一本並行して(実際はアイマスと3並行)鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚をクリアしました。こちらは良くも悪くもアニメ準拠で戦闘部分や行間を一部操作できるようなゲーム性でした。

戦闘面はそこそこ面白く、簡単に強力な技やコンボを決められて爽快ではあるものの、成長要素がないので深みはありませんでした。子供向けのゲームと考えるとちょうど良い塩梅かなと思いました。

ボリュームに関しては、アニメ(映画)が無限列車までの公開となっていてそれ準拠なこともあり、ゲームでも無限列車編までというなかなかに短いものになっており、これでフルプライスは攻めてるなと思いました。

対人戦などで子供同士が楽しむ分には良いソフトだと思います。それでも操作できるキャラのバリエーションが少なく、初代激闘忍者大戦を彷彿とさせるゲームでした。

NARUTO -ナルト- 激闘 忍者大戦 !

自分はストーリー以外を楽しめるような環境にはないため、これで終わりかなーと思うとちょっと値が張るな、という感想になりました。

あと鬼滅の漫画もアニメも摂取していない人はこのゲームは向いてなさそうでした。尺の都合でカットされた部分が多く、話の展開が飛び飛びなのでよくわからないと思います(の割には善逸の操作パートがぐだぐだで辛かった)。